飛び込みの日本選手権最終日は23日、東京辰巳国際水泳場で行われ、男子高飛び込みは21歳の大久保柊(筑波大)が434・20点で初制覇した。アジア大会代表の村上和基(JSS白子)が2位だった。

 非五輪種目の女子1メートル板飛び込みは同代表の宮本葉月(土佐女高)が275・40点で2連覇した。宮本は1回目の試技で63・70点をマークしてトップに立つと、その後はやや得点を落としたものの首位をキープ。2位の榎本遼香(筑波大)に3・25点差をつけて逃げ切った

...    
<記事全文を読む>