県高校空手道新人大会が11、12日、那智勝浦町であり、熊野が女子団体組手で優勝、男子団体組手で準優勝し、団体の形では男女そろって優勝した。個人でも熊野は女子組手の全階級で優勝するなど、組手と形の男女で多数の入賞者を出した。

 大会は男女別で団体の形と組手、個人の形と組手があった。個人の組手は男女それぞれ3階級に分かれて試合をした。

 団体の組手は5人一組で、女子団体組手は9チームがトーナメントで競った。決勝は熊野Aが那賀に3―1で勝ち、優勝した。3位には熊野Bが入った。男子団体組手(9チーム参加)は、熊野Aが決勝で箕島に0―3で敗れ準優勝だった。

 県大会の上位入賞者は来年1月に和歌...    
<記事全文を読む>