大相撲の尾上(おのえ)部屋に入門する高岡向陵高校3年の坂林欣紀(よしき)さん(17)=高岡市佐加野=は10日、高岡市石瀬の同校で会見し「十両に上がれるように頑張る。朝乃山関(高砂部屋)のような力士になりたい」と意気込みを語った。

 坂林さんは身長175センチ、体重130キロ。今年10月の愛媛国体では少年団体の県選抜メンバーとして活躍した。

 大浦由吉秀(ゆきひで)校長が「場所を盛り上げる力士になると期待している」と激励。相撲部の中山昌監督は「馬力を生かした押し相撲が魅力」と持ち味を語った。

 尾上部屋は、幕内優勝経験のある元大関で2013年に現役を退いた把瑠都=エストニア出身=を輩出...    
<記事全文を読む>