男子第70回、女子第32回県高校駅伝競走大会は3日、佐野市運動公園陸上競技場周回コース(男子=7区間42・195キロ、女子=5区間21・0975キロ)で行われ、男子23チーム、女子16チームが出場する。スタートは男子が正午、女子は午前10時。男女優勝校が全国大会(12月24日、京都市)、上位6校は関東大会(11月18日、山梨県富士河口湖町)の出場権を獲得。都大路行きの切符を懸けた熾烈(しれつ)な戦いの行方を展望する。■男子 那須拓陽、佐野日大が軸 那須拓陽と佐野日大が優勝を争いそうだ。

 総合力の高い選手をそろえ、2年ぶりの優勝を目指す那須拓陽は、コースミスで痛恨の失格に終わった...    
<記事全文を読む>