バスケットボールの全国高校選手権大会(12月23〜29日・東京体育館)の組み合わせが16日、決まった。 本県は男女とも土浦日大が出場。男子の1回戦の相手は、2年連続で東海大諏訪(長野)に決まった。女子は1回戦で中津北(大分)と戦う。 男子の土浦日大は6年連続42度目の出場。U-18(18歳以下)日本代表の高原晟也(3年)を筆頭に、能力の高い選手がそろう。東海大諏訪は4年連続18度目の出場。前回は、土浦日大が86-59で快勝している。順当に勝ち上がれば、3回戦で前回覇者の福岡第一とぶつかる。 女子の土浦日大は2年連続12度目の出場。山下涼香(3年)、児玉志織(2年)ら昨年...    
<記事全文を読む>