サッカーの全国高校選手権の代表決定戦は11日、島根であり、立正大淞南が大社を1―0で下し、2年連続16度目の出場を決めた。立正大淞南は後半36分、FKからのこぼれ球を松井が流し込み、決勝点を奪った。

...    
<記事全文を読む>