第96回全国高校サッカー選手権佐賀大会は11日午後1時から、鳥栖市のベストアメニティスタジアムで決勝がある。連覇を狙う佐賀東と3年ぶりに決勝に進んだ佐賀学園が全国切符を懸けて激突する。■佐賀学園 持ち味はカウンター攻撃 16年ぶり10度目の優勝を目指す佐賀学園は、FW中島廉史が中心。多彩なテクニックと積極的なドリブル突破で好機を演出し、準決勝で3得点の活躍を見せるなど決定力も兼ね備える。

 4試合で3失点と手堅い守備の中心はDF武藤達希。鋭いインターセプトと球際の強さで最終ラインをもり立て、中島らが持ち味のカウンター攻撃につなげる。

 主将のMF東虎大朗は「ベアスタで戦えるのは、大...    
<記事全文を読む>