(第5日、5日・浦和駒場スタジアム=埼玉新聞社など後援) 準々決勝の残り2試合を行い、浦和西と浦和東がそれぞれ勝って4強が出そろった。準決勝進出は浦和西が22年ぶり21度目、浦和東は2年ぶり15度目。

 全国高校総体出場の浦和西は3連覇を狙った正智深谷に延長戦の末、1―1からのPK戦を5―4で制した。0―1の後半12分、加藤の左クロスを朝見が決めて同点。延長戦の前後半は、決定機を決め切れなかったが、危機は体を張って守り切った。

 両校優勝で全国切符を逃した2012年以来の優勝を目指す浦和東は、延長戦の末、2―1で浦和学院に逆転勝ちした。後半11分に先制を許したが、同37分、左CKに...    
<記事全文を読む>