第96回全国高校サッカー選手権岡山県予選最終日は4日、岡山市のシティライトスタジアムで決勝があり、作陽が学芸館を3―2で破り、3年ぶり23度目の頂点に立った。作陽は12月30日に首都圏で開幕する本大会に出場する。

 ▽決勝作陽3―2学芸館前半2―2後半1―0 【評】作陽が打ち合いを制した。前半の5分に先制を許すも4分後にMF西山拓のゴールで追い付き、27分にFW飯原のミドルシュートで勝ち越し。35分に同点とされたものの、後半7分に西山拓のFKに飯原が合わせ決勝点を挙げた。MFの中西、早川が中盤で果敢にボールを拾い続け、徐々に主導権を握った。

 学芸館は前半、MF永田がヘディング、F...    
<記事全文を読む>