(埼玉大会 第5日、11日・熊谷ラグビー場Bグラウンド=埼玉新聞社など後援) 第1シード深谷が15年連続22度目、第2シード昌平が3年ぶり2度目の決勝に進出した。

 初優勝を狙う昌平は、第3シード浦和との熱戦で12―10の逆転勝ちを収めた。0―10の後半10分、CTB鈴木のトライで1本返し、同20分にWTB鳥居が同点トライ。FBジョンストンがキックを決めて勝ち越した。

 4連覇が懸かる深谷は第5シード正智深谷に64―5で大勝。前半1分のWTB金川の先制トライを皮切りに前後半で合計10本奪った。

 決勝は18日、熊谷ラグビー場Bグラウンドで午後0時35分キックオフ。
...    
<記事全文を読む>