全国高校ラグビー大会県予選決勝は12日、大分市営陸上競技場である。大分舞鶴と大分東明が花園切符を懸けて激突するが、病気のため、大舞台に立てない選手がいる。東明ラグビー部3年の渡辺大輔君(18)。予選の直前に急性白血病と診断され、闘病を続けている。東明フィフティーンは「大輔のために、病気と闘っている人たちのために」と、試合会場で日本骨髄バンクへのドナー登録を呼び掛けることにしている。

 渡辺君は身長187センチ、体重135キロという恵まれた体格を生かし、スクラムなどで体を張るFW(フォワード)陣の主力。白田誠明監督(41)は「2年生の時からメンバー入りし、3年生になってからはチーム...    
<記事全文を読む>