ラグビーの全国高校大会京都府予選は5日、宝が池球技場で準決勝2試合を行い、2連覇に挑む京都成章が59-0で桂を完封で破り、14年連続の決勝進出を果たした。現校名では最後の「花園」を目指す伏見工・京都工学院は24-7で洛北に競り勝ち、3年連続で決勝へ進んだ。

...    
<記事全文を読む>