ラグビーの第97回全国高校大会県大会は4日、新潟市鳥屋野球技場で準決勝を行い、新潟工と開志国際が決勝に駒を進めた。開志国際は創部3年目で初の決勝進出。

 新潟工は62-0と巻を圧倒。前半、モールを主体とした攻めで着実に得点を重ねると、後半も5トライを決めて突き放した。

 開志国際は33-14で新潟に快勝した。前半、CTBフレイザー・クワークの先制トライなどで12-0とリード。後半は新潟の反撃にあったが、再びフレイザーのトライなどで突き放した。

 決勝は11日午後1時から、新潟市陸上競技場で行われる。

...    
<記事全文を読む>