秋季岡山県高校軟式野球大会(山陽新聞社後援)は28日から3日間、高梁市のなりわ運動公園野球場と神原スポーツ公園野球場で開かれる。17チームが4ブロックに分かれて予選を行い、突破した8チームが出場。上位2チームに与えられる来春の県大会出場権を懸けて熱戦を繰り広げる。

 8月の全国選手権を経験した選手が多く残る玉島が優勝争いの軸。夏も主戦の山下が投打の柱で、秋の予選でも先発した2試合を完封と安定感がある。続くのは好投手春名を中心に守りが堅く打線も活発な関西、足を絡めた攻撃を得意とする矢掛か。昨秋覇者の井原、長打のある高梁城南や総社も上位を狙う。

 開会式は28日午前9時からなりわ運動公...    
<記事全文を読む>