県高校新人大会は15日、岐阜ファミリーパークテニスコートなどで3競技を行い、ソフトテニスは男子個人が、今夏の全国総体で5位入賞を果たした大友駿が、三輪大貴(ともに中京学院大中京)とのペアで優勝。女子は桐山茉衣子、木下真歩組(鴬谷)が制した。

 三輪、大友組は、決勝で加藤晃基、土屋慶一郎組(多治見北)と対戦、4―1で頂点に立った。桐山、木下組は、初戦の2回戦からの6試合で、わずか2ゲームしか落とさない完勝ぶりだった。

 空手は、団体4種目いずれも県岐阜商が頂点に立った。個人では男子組手軽量級で、全国総体とえひめ国体に出場した辻大輔(県岐阜商)が制した。ライフル射撃のビームライフル団体...    
<記事全文を読む>