第70回全日本バレーボール高校選手権大会(春高バレー)県代表決定戦は29日、宇都宮市清原体育館で男女の決勝を行い、男子は足工大付が3年連続38度目、女子は国学栃木が31年連続32度目の優勝を飾った。

 男子の足工大付は25-20、27-25、25-22で作新、女子の国学栃木は25-22、25-13、25-23で宇中女をともにストレートで退けた。

 男女の優勝校は来年1月4日から、東京体育館で開かれる全国大会に出場する。

...    
<記事全文を読む>