バレーボールの第70回全日本高校選手権徳島県予選が28日に開幕する。男子は昨年より1校多い11校、女子は2校多い30校が出場し、決勝は11月5日にサンフラワードーム北島で行われる。男子は城東、女子は城南の第1シードを軸に熱戦が繰り広げられる。男女の優勝校が来年1月4~8日に東京体育館で行われる全国大会に出場する。

 <男子>城東が総合力やや優位 城東が総合力でややリードしている。飛び抜けた選手はいないが、攻守にミスが少ないのが強み。県総体など県内3大会を勝ち抜いた主力メンバーはそのまま残り、岡田主将や189センチの庄野ら3年生を軸に多彩な攻撃を仕掛ける。

 第2シードの阿南工は攻撃...    
<記事全文を読む>