バスケットボールの全国高校選手権(ウインターカップ)県予選を兼ねた県高校選手権は28、29の両日、県体育館を主会場に開かれる。男女とも県高校総体の上位校など16校が出場する。男子は県総体覇者の羽黒を軸にした戦い。女子は山形商と山形中央を中心にした争いが予想される。  男子の羽黒はシュート力に優れた斎藤瑠偉が要になる。高身長の留学生2人を擁し、リバウンドからの2次攻撃も持ち味の一つだ。日大山形は横地太一ら1対1に強い選手がそろい、攻撃力が高い。7連覇が懸かる山形南は高さはないものの、厳しい守備から主導権を握る。速攻が武器の酒田南も続く。  女子の山商は前回大会まで27連覇中。加藤...    
<記事全文を読む>