バスケットボールの第70回全国高校選手権徳島県予選は21日に開幕し、男子27校、女子21校が11月3日までの5日間、県内4会場で熱戦を繰り広げる。男子は2年ぶりの全国切符へ意気込む第1シードの城東を軸に前回優勝の鳴門渦潮、城南、海部の各シード校が絡む構図。女子は富岡東と城北の2強に城南が割って入る争いが予想される。

 ◎男子 城東はインターハイ出場メンバーが多く残り攻守で総合力が高い。フォワードの東谷主将がリング下を支配し萩原、四宮のガード2人と多彩な攻撃を仕掛ける。身長186センチの久米、175センチの江角はシュート力がある。選手層の厚さでも他校をリードする。

 対抗馬は第4シー...    
<記事全文を読む>