サッカーの第96回全国高校選手権県大会第4日は24日、盛岡市のいわぎんスタジアムで準々決勝2試合が行われ、5大会ぶりの全国出場を目指す盛岡中央と5連覇を狙う遠野が準決勝進出を決めた。

 盛岡中央はいずれも3年のMF金沢聖真とFW杣(そま)渓輔が2点ずつ決め、6-0で盛岡北を下した。遠野はFW阿部亮太(3年)ら3人が2得点し、江南義塾盛岡に8-0で圧勝した。

 準々決勝の残り2試合は25日、同スタジアムで盛岡商-不来方(午前10時半開始)、盛岡市立-専大北上(午後1時半開始)が行われ、ベスト4が出そろう。

...    
<記事全文を読む>