第96回全国高校サッカー選手権静岡県大会(県サッカー協会、県高体連、静岡新聞社など主催)の決勝トーナメント組み合わせ抽選会が23日、静岡市内で行われた。16校が参加し、11月3日に開幕する。決勝は11月18日にエコパスタジアムで行われ、優勝校は全国選手権(12月30日~1月8日、埼玉スタジアムほか)に出場する。

 優勝争いは県新人大会、県総体を制した静岡学園が中心。実力校の浜松開誠館や藤枝東、清水桜が丘と前回覇者の藤枝明誠なども絡み、混戦模様となりそうだ。

 県3冠が懸かる静岡学園は聖隷クリストファーと初戦。J2徳島内定の渡井理ら個人の能力が高く、攻守にバランスが良い。昨年の県総体...    
<記事全文を読む>