第96回全国高校サッカー選手権県大会(県サッカー協会、県高体連、静岡新聞社など主催)は21日、東海大翔洋高などで1次トーナメント最終戦を行い、決勝トーナメントに進む16校が決まった。沼津西は小笠を2―0で破り、共学となった2003年の創部以来初の進出。県総体4強で第3シードの常葉大橘は静清にPK戦で敗れた。静岡学園、清水桜が丘など第1シードは順当に勝ち上がった。

 決勝トーナメントは11月3日に1回戦、4日に準々決勝、12日に準決勝を行う。決勝は18日にエコパスタジアムで行う。

...    
<記事全文を読む>