サッカーの第26回全日本高校女子選手権四国大会は14日、香川県三木町総合運動公園で4県から8校が参加して開幕した。1回戦4試合が行われ、徳島1位の鳴門渦潮は22―0で高知東、2位の鳴門は2―0で高知商を下し、ともに準決勝に進んだ。

...    
<記事全文を読む>