サッカーの兵庫県高校選手権を兼ねた第96回全国高校選手権兵庫県予選(神戸新聞社後援)は14日、県内7会場で開幕する。予選ラウンドを突破するなどした48校が、県王者のタイトルと、1校だけに与えられる全国切符を目指して争う。

 決勝は11月12日午後1時から、神戸市須磨区のユニバー記念競技場で開催される。開幕を前に出場校のメンバーを紹介し、激戦模様の大会を展望する。(有島弘記)■公立校に勢い、市尼崎が主軸 夏の県総体でベスト4を独占した公立勢が再び旋風を巻き起こすのか、それとも歴戦の私学勢が盛り返すのか。今大会は「公立」対「私学」の構図になりそうだ。

 県総体の決勝は19年ぶりの公立対...    
<記事全文を読む>