競泳の県高校新人大会は24日、県立水泳場で16種目を行った。男子は200メートル自由形を上山達也(飛龍)が制し、100メートル自由形との2冠を達成した。400メートル個人メドレーで松本周也(伊東)が4分21秒49の大会新で優勝。女子は200メートル自由形の渡辺真衣(星陵)、200メートル平泳ぎの山口みどり(静岡商)が頂点に立ち、それぞれ100メートルと2冠。男女の入賞記録による地区別対抗は、東部403点、中部327点、西部495点と西部勢の活躍が目立った。

 ■「来年こそ全国で結果」 男子200メートル自由形の上山(飛龍)が高野(浜松市立)との一騎打ちを制し、2年連続で100メー...    
<記事全文を読む>