滋賀県でパラ水泳(障害者水泳)に取り組む井上舞美(18)=守山市、福井香澄(18)=野洲市=の両選手が、今秋メキシコで相次いで行われる世界選手権に初めて出場する。2人は今月行われた大会で日本新記録をマークするなど好調をキープしている。7日に大津市の滋賀県庁を訪れ、強豪選手が集まる世界への挑戦に向け、「メダルを取りたい」と目標を語った。

 2人はともに知的障害クラス。幼いころから水泳を習い、中学卒業前後にパラ水泳を競技として始めてからは、所属する滋賀友泳会で一緒に練習を積んできた。今春からは社会人となり、仕事と練習の両立にも取り組んでいる。

 2、3の両日に東京都で開かれたジャパンパ...    
<記事全文を読む>