相撲の選抜高校宇佐大会は3日、大分県宇佐市総合運動場で開かれ、団体で海洋が準優勝した。

 海洋は準決勝で強豪埼玉栄を2-1で下し決勝に進出。決勝の文徳(熊本)戦は先鋒(せんぽう)の中村泰輝が勝ち先手を奪ったものの、続く中堅・高橋優太、大将・嘉陽快宗が敗れた。

...    
<記事全文を読む>