水泳の岐阜県高校新人大会は2日、長良川スイミングプラザなどで競泳と水球を行い、競泳では、男子の山本海叶(岐阜聖徳)が200メートル背泳ぎと200メートル個人メドレーを、ともに大会新で制した。

 山本は、背泳ぎで自己記録を0秒1あまり更新する2分6秒98をマーク、2位に14秒以上の差をつけて圧勝した。個人メドレーは自己記録には及ばなかったものの2分8秒56で制した。

 女子自由形では1年の岩井芽依(大垣商)が100メートルと400メートルの個人2冠のほか、400メートルリレーの優勝に貢献。そのほか女子背泳ぎの田辺瑛梨(多治見西)、女子バタフライの小川真尋(岐阜北)、女子個人メドレーの...    
<記事全文を読む>