関東大会の予選も兼ねた県高校新人陸上大会最終日は21日、県総合運動公園陸上競技場で各種目が行われ、3種目で大会新記録が誕生した。

 男子200メートルの中里将基(なかざとまさき)(作新)が21秒39の大会新記録で優勝。同砲丸投げの竹沢海斗(たけざわかいと)(青藍泰斗)も14メートル86で大会記録を塗り替え、女子200メートルの大島愛梨(おおしまあいり)(宇中女)が24秒75の大会新記録を打ち立てて頂点に立った。

 関東大会は10月21、22の両日、東京都の駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場で行われる。

...    
<記事全文を読む>