陸上の県高校新人大会は16、17、23、24日の4日間、横浜市神奈川区の三ツ沢公園陸上競技場で行われる。夏の全国総体(インターハイ)で躍進した逸材をはじめ、次代の主役を狙う1、2年生がしのぎを削る。男子 躍進期す相洋の逸材 今夏、全国総体で2位と王座に肉薄した相洋勢に注目だ。400メートルのメルドラムと800メートルで1年生ながら堂々の走りを見せたクレイ。あと一歩届かなかった栄冠へ再スタートを切る両選手を、400メートルでは村石(横浜隼人)800メートルでは松本(法政二)が追う。

 100メートル、200メートルは野口(県横須賀)、三浦(法政二)らを中心に混戦模様。1500メート...    
<記事全文を読む>