バスケットボールの第60回全沖縄高校選手権大会は24日、南城市の玉城総合体育館で決勝を行い、男子は興南と豊見城が激しく競り合い、残り1秒で興南が勝ち越し、67―66で豊見城を振り切った。興南は2年連続10回目の優勝。女子は那覇が70―44で西原を下し、5年連続7回目の栄冠を手にした。優勝した2校は12月に東京で開かれる第70回全国高校選手権大会(ウインターカップ)に出場する。◆残り1秒 劇的逆転/男子興南 試合終了残り1秒、逆転弾がリングに吸い込まれた。興南と豊見城が一進一退の攻防を展開した男子決勝。残り8秒で勝ち越された興南はスローインから平良陽汰主将へのパスを狙うも通らない...    
<記事全文を読む>