バスケットボールの全国高校選手権兵庫県予選(神戸新聞社後援)最終日は10日、神戸市長田区の神戸常盤アリーナで男女の決勝があり、男子は育英が3年連続31度目、女子は市尼崎が2年ぶり4度目の優勝を飾った。

 男子の育英は79-58で神戸科技に快勝し、3年連続の県大会3冠を達成した。10点リードの第3クオーター(Q)、1年福家の度重なる3点シュートなどで25点を奪い、流れを決めた。

 女子の市尼崎は延長の末、72-64で須磨学園に競り勝った。劣勢の第3Q途中から、北川らの得点で猛追。延長に持ち込むと、フリースローなどで相手を突き放した。

 男女の優勝校は、12月23~29日に東京体育館であ...    
<記事全文を読む>