バスケットボールの全国高校選手権兵庫県予選(神戸新聞社後援)は2日、神戸市内各地を会場に開幕した。男女の1、2回戦があり、それぞれベスト16が出そろった。

 男子は県大会3冠が懸かる育英が初戦の2回戦で太子に128-21で快勝。前回大会と県新人大会で準優勝の報徳、全国総体代表の神戸科技なども勝ち進んだ。

 女子は全国総体に出場した市尼崎や須磨学園、前回女王の神戸龍谷などが順当に16強に名乗りを上げた。

...    
<記事全文を読む>