サッカーの第96回全国高校選手権福井県大会は18日、丸岡スポーツランド(坂井市)で2回戦8試合を行った。過去28度の全国出場を誇り、2年ぶりの優勝を狙った第1シード丸岡は福井工大福井と対戦し、2―2からのPK戦を3―4で落とした。

 ⇒トーナメントはこちら 丸岡は昨年も初戦の2回戦で福井商業に敗れており、2年続けて憂き目を見た。難敵を破った福井工大福井は、4強入りした昨年に続き準々決勝進出。

 連覇を狙う第2シード北陸は、2―1で福井商業を退けた。このほか金津、若狭、高志、啓新、敦賀気比、武生工業が準々決勝へ駒を進めた。若狭の8強入りは4強まで進んだ2002年以来15年ぶり。

 23...    
<記事全文を読む>