第96回全国高校サッカー選手権大会佐賀大会の組み合わせが15日、決まった。冬の全国大会出場を懸けて35チームが熱戦を繰り広げる。県高校総体で頂点に立った佐賀東や佐賀商、佐賀学園、龍谷などシード校を軸にした混戦が予想される。選手権では初めて厳木、唐津青翔、太良の3校が合同チームで出場する。

 第1シードは連覇を狙う佐賀東。MF小野が中盤の守備を統率し、MF石橋がドリブル突破で好機を演出する。第2シードの佐賀商はFW津上が前線で多彩なスキルを発揮。第3シードの佐賀学園はMF中島がスピードと独特なタッチで相手を揺さぶり、第4シードの龍谷はDF新城が的確なコーチングを見せる。

 大会は10...    
<記事全文を読む>