サッカーの第96回全国高校選手権埼玉大会(埼玉新聞社など後援)決勝トーナメント(10月14、15、28日、11月4、5、12、19日)の開会式と組み合わせ抽選会が8日、さいたま市文化センターで実施され、出場52校の組み合わせが決まった。

 52校は1次予選を突破した27校と今夏の高校総体代表の昌平と浦和西のほか、同県予選8強以上、県U―18(18歳以下)Sリーグ所属の17校。第1シードの昌平と第2シードの浦和西は10月28日の3回戦から、その他のシード校は15日の2回戦から登場する。

 1回戦は昨年準優勝の浦和南が今春の関東大会県予選4強の狭山ケ丘と対戦。4年ぶりの優勝を狙う市浦和...    
<記事全文を読む>