流通経済大柏高校(柏市)の男子サッカー部が、今年の全国高校総体(インターハイ)で、9年ぶり2度目の優勝を飾った。同校で8月30日、優勝報告会があり、部員たちは約1100人の全校生徒に、冬の全国高校サッカー選手権大会でも活躍することを誓った。

 決勝戦は仙台市で同月4日に行われ、流経大柏は神奈川県代表の日大藤沢と対戦、後半に1点を取り勝利を収めた。快挙を成し遂げた部員たちは、報告会会場の体育館に在校生らの拍手で迎えられた。

 主将の宮本優太さん(17)=3年=は生徒会長の高橋茉乃さん=同=から花束を贈られ、「みんなの応援のおかげ」と笑顔で感謝した。宮本さんは「特別な選手はいないが、謙...    
<記事全文を読む>