第62回全国高校軟式野球選手権大会第4日は28日、明石トーカロ球場で準決勝2試合が行われ、篠山鳳鳴(兵庫)は0-4で茗渓学園(北関東・茨城)に敗れ、初の決勝進出はならなかった。

 全国舞台で3度目の校歌を歌うことはかなわなかった。篠山鳳鳴は打線が迫力を欠き、4安打で完封負け。稲谷監督は「相手が一枚上手だった」と潔く負けを認め、「実力以上の力を全員が出してくれたからこそ」と初の4強入りを成し遂げた選手をねぎらった。

...    
<記事全文を読む>