28日の全国高校軟式野球選手権大会(明石トーカロ球場)の準決勝で篠山鳳鳴(兵庫)は茗渓学園(茨城)に0-4で敗れ、初の決勝進出を逃した。「鳳鳴」の文字を左胸に刻み、歴史を塗り替えた球児たち。3年生を中心にチームの合言葉「全員野球」を体現した大会だった。

 4点差の九回表。マウンドに背番号「1」が上がった。藤本直希投手(3年)は春からエースナンバーを背負うが準決勝まで登板がなかった。「マウンドでは力んでしまう」。県大会ではアウト二つしか取れなかった。2年生右腕が台頭し、主将も力投してきた。ブルペンで悔しい思いをしたが「短い回を確実に抑える」と役割は明確になった。
<記事全文を読む>