第62回全国高校軟式野球選手権大会は28日、兵庫県の明石トーカロ球場で準決勝が行われ、北海道代表の登別明日は中京学院大中京(岐阜)に0―2で敗れ、決勝進出はならなかった。登別明日は全国区の強豪に一歩も引かずに延長を戦ったが、最後は力尽きた。昨年の8強に続く快進撃だった。◆―― 熱闘11回、わずかに及ばず 第62回全国高校軟式野球選手権大会の準決勝。決勝進出を懸けた大一番は延長の激闘。登別明日には三重殺などのビッグプレーも飛び出したが、わずかに力及ばなかった。

 試合は両チーム無得点が続く投手戦。先発は山田浩監督が「信頼して送り出せた」鎌田。六回からはエースの長大が登板、ゲームをつ...    
<記事全文を読む>