何度もはね返された壁をついに乗り越えた。篠山鳳鳴は延長十三回のタイブレークを1点差でしのぎ、出場5度目にして初の初戦突破。山崎主将は「全員でつかんだ1勝。全国の舞台で篠山鳳鳴の名を刻むことができた」と興奮冷めやらぬ口調で話した。

 両チーム無得点で迎えた十三回。無死一、二塁から始まる攻撃で、先頭山崎のバントヒットを皮切りに、相手守備の乱れにも乗じて2点を先取した。さらに無死満塁の好機で打席はここまで無安打の4番前川。「集中してうまくたたけた」と3球目の直球を振り抜き、2者を迎え入れた。

...    
<記事全文を読む>