第62回全国高校軟式野球選手権大会第2日は25日、明石トーカロ、姫路市ウインクの両球場で1回戦4試合が行われ、篠山鳳鳴(兵庫)と昨年準優勝の早大学院(東京)、茗渓学園(北関東・茨城)専大北上(北東北・岩手)が準々決勝に進んだ。

 23年ぶり出場の篠山鳳鳴は木更津総合(南関東・千葉)を延長十三回タイブレークの末、4-3で下し、大会初白星をつかんだ。

 茗渓学園は連覇を狙った天理(近畿・奈良)に4-2で勝った。専大北上は、硬式が休部状態で、4年ぶり出場のPL学園(大阪)に5-2で逆転勝ち。早大学院は延長十二回、崇徳(西中国・広島)に1-0でサヨナラ勝ちした。
<記事全文を読む>