24日に開幕する第62回全国高校軟式野球選手権大会に出場する木更津総合ナインが16日、千葉日報社を訪れ、活躍を誓った。木更津総合は全国出場を懸けた南関東大会を33年ぶりに制覇。4度目の全国大会に挑む。

 真板竜太郎校長は「限られた日々で努力してきた。ベスト8の壁を越え、全国制覇をしてほしい」とあいさつ。続いて南関東大会を制した選手たちが一人一人自己紹介をした。井上泰我主将は「多くの方々から応援をしていただいた。全力プレーで感謝の気持ちを表していきたい」と力強く宣言した。

 古川大介・千葉日報社運動部長は「じっくり準備をして悔いのない戦いをしてきてほしい」と健闘を祈念。激励金を手渡し...    
<記事全文を読む>