■代表者戦、一瞬の隙突かれ 緊迫の上位対決は最後まで目が離せなかった。8年ぶりに女子決勝に進んだ三養基は、八代白百合(熊本)に代表者戦の末に惜敗。2005年以来の優勝とはならず、八坂嘉博監督は「あと1本が出ない点では、まだ力が足りない。攻めて打つ、攻め返して打つのが課題」と冷静に答えた。

 10日のインターハイ団体戦に出場したメンバーのうち、3年生が引退した新チームには中村萌々花・日南の姉妹と内村吏沙が残り、今大会は後半から3人を軸にオーダーを組んだ。

 準決勝は昨年0-5で完敗した筑紫台(福岡)との雪辱戦。0-1とリードされた後に副将の中村萌がコテで追いつき、代表者戦でも中村萌がコ...    
<記事全文を読む>