2017年度全国高校総体(南東北インターハイ)第15日は11日、山形、宮城、福島の3県で5競技を行った。秋田県勢は、柔道女子個人で57キロ級の米屋愛羅(金足農3年)を含め3人が2回戦までに敗退。剣道男子団体の秋田商は予選リーグで姿を消した。

...    
<記事全文を読む>