「ボール見えてるぞ!」「ランナーかえそうぜ!」 攻撃に入ると、打者一人一人の性格や状況に合わせて言葉を掛ける。全国大会前の最後の練習試合。率先して盛り上げる4年生に続き、後輩たちも声を張る。守備に就いても、「ばっちこーい!」「ナイスボール!」と全員が常に声を出す。どちらが優勢なのか分からないほど、にぎやかな雰囲気を出し続けられるところがこのチームの強みだ。

 川崎市立川崎高校(川崎区)定時制の軟式野球部は2年連続、全国高校定時制通信制軟式野球大会の県予選決勝で敗れた。12人の選手をまとめる4年生の丹代(たんだい)晴大主将(18)は今年、「とにかく声を出す」と決めた。6月の県予選決...    
<記事全文を読む>