軟式野球の第62回全国高校選手権兵庫大会最終日は3日、三田市のアメニスキッピースタジアムで決勝があり、篠山鳳鳴が神港学園を2-0で破って23年ぶり5度目の頂点に立った。篠山鳳鳴は全国高校選手権(24日から6日間・明石トーカロ、姫路市ウインクの両球場)に兵庫代表として出場する。

 篠山鳳鳴は四回、2死から小畠諒の右前打などで一、二塁とし、河南の左越え二塁打で2点を先制した。投げては先発市野が神港学園打線を2安打に抑えて完封した。

 神港学園は四回、野北と山本の連打などで1死満塁としたが後続が倒れて得点ならず。五回以降は無安打に終わった。

...    
<記事全文を読む>