第62回全国高校軟式野球選手権東海大会は3日、愛知県豊田市の豊田運動公園などで開幕し、1回戦4試合を行った。中京学院大中京は、愛工大名電(愛知)に6-0で快勝し、準決勝に駒を進めたが、岐阜聖徳は静岡商に0-7で七回コールド負けを喫した。

 中京学院大中京は二回に3点を先取し、中盤、終盤にも加点して突き放した。岐阜聖徳は中盤に複数失点し、打線も振るわなかった。

 第2日は4日に小牧市民球場で準決勝が行われ、中京学院大中京は第2試合(午後1時開始予定)で高田(三重)と戦う。

...    
<記事全文を読む>