2017年度全国高校総合体育大会・南東北総体は2日、沖縄県勢は7競技に出場した。レスリング男子個人120キロ級決勝で仲里優力(北部農林)が武藤(大分・日本文理大付)を3―1の判定で下して頂点に立った。

   ◇   ◇ 男子120キロ級決勝。全国大会3冠を目指す仲里優力(北部農林3年)の前に、直近の九州大会団体戦決勝で苦杯をなめた武藤翔吾(日本文理大付・大分)が立ちはだかった。

 手の内を知り尽くし合っている2人。大技を掛け合う場面はなく息詰まる駆け引きが続く。この拮抗(きっこう)した戦いは場外への押し出しで得点した仲里に軍配が上がった。スコアは3―1。普段しないガッツポーズが仲里...    
<記事全文を読む>