全国高校総体(インターハイ)第6日は2日、山形県などで13競技が行われた。岡山勢はソフトボール女子で春の全国選抜覇者・創志学園が決勝で飛龍(静岡)を1―0で破って4年ぶり2度目の栄冠をつかみ、春夏連覇を達成した。

 陸上男子3000メートル障害はフィレモン・キプラガット(倉敷)が大会記録を24年ぶりに塗り替える8分21秒30で優勝し、卓球男子シングルスの柏友貴(関西)は準々決勝で敗れた。バドミントンのシングルスは男子の一井亮太(水島工)と女子の善家百合子(山陽女)がともに8強と健闘した。

 バスケットボール決勝の女子は岐阜女が6連覇を狙った桜花学園(愛知)を61―55で破り、初優勝...    
<記事全文を読む>